読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡人CLUB

凡人であっても楽しく充実した毎日は過ごしていける。あがきながらも少しだけHAPPYになれるブログを目指して

素人がラーメンスープをつくるためミキサーを駆使して未知なる領域に踏み込む後編

料理 料理-レシピ

世の中のニュースであればトピックスに取り上げられても掘り下げられることはきっとないであろうラーメンスープばかり作ってきた私は、業界に新たな風を巻き起こすべく全く新しいスープに挑戦してみることにしました。

 

土台はもちろんインスタントラーメンですが、今回は材料から気合いが入っております。

f:id:sumahobonzin:20151029102403j:plain

ジャン。

ここにきて始めてお肉が出てきました。

そう、ラーメンのスープ作りといったら肉がかかせませんよね?

豚の骨ではなく豚の肉を使って、簡単に豚骨スープ風を再現してみたいと思います。

 

まずはタマネギと豚肉スライスをこのまま煮ては面白くないので、火が通り焼き色がつくまでしっかり炒めます。

そのまま塩コショウを振って食べたほうが美味しくいただけるのではないかという意見は無視してミキサーにつっこみます。

そこへさらに適量の水を加えミキシング。

製法は全く違いますが、こうやって豚骨をミキサーにかけてスープにしている有名なお店がありますよね?

今回はそれに近いイメージを想定しております。

しっかりミキサーにかけたら今度は鍋に移して沸騰するまであたため、そこにインスタントラーメンについている醤油スープのもとを入れます。

なんだか本格的になってきました。

別鍋で麺を茹でて合体させれば完成です!

 

f:id:sumahobonzin:20151029103431j:plain

豚スープらしく少しとろみがかかって、さらに醤油の色合いがうっすらでていて食欲をかきたたせてくれるスープに仕上がりました。

我慢できずにスープをズズズっと飲んでみると…

 

なんだかクサイw

 

おかしい。

材料的には問題がないはずなのに明らかに今まで嗅いだことのない匂いがしてきます。

ただ不思議なのはうまく伝えられませんが食べられない味ではありません。

匂いさえ我慢できれば味は普通の醤油ラーメンをつくるより美味しくなりました。

きっと臭みをどこかでとらなければいけなかったのかもしれませんが、簡単スープ作りとしては…だめですね。クサイですw

 

豚肉をつかって失敗してしまうのであれば、もうラーメンスープは諦めることにしましょう。

ミキサーでラーメンスープを作るには私の知識が足りなさ過ぎました。

スープの配合がよくわからずそれでもラーメンが美味しく食べられる方法…そうでした。

つけるだけにすれば良いのです。

ここまでの失敗をいかして最後は集大成となるつけ麵をミキサーでつくっていくことにしました。

 

インスタントラーメンからつけ麵をつくっていくのはハードルが高い気がしたので、今回用意したのは

 

f:id:sumahobonzin:20151029105701j:plain

冷やしラーメンのセットです。

このいたってシンプルなサッパリ冷やしラーメンを濃厚な冷やしつけ麵にかえてみせます。

ここまでで私の脳が十分イタイのは伝わったと思うので、最後は世間体を気にせず思うがままに材料を決めました。

 

f:id:sumahobonzin:20151029105957j:plain

もととなる醤油スープにやきとりの缶詰(しお味)と梅干の種をとったもの、そして坦々麵でも使用した白ごまをつかって未知のつけ麺へと挑みます。

きっとやきとりの缶詰がトリスープ風味をかもしだしてくれて梅干がアクセントになり、濃厚ながらも後味のスッキリするつけだれができるはずです。

 

全てをミキサーにいれて十分にかき混ざったらそれを鍋にうつしてあたためるだけ。

なんとも簡単でそしてみたことのないつけ麵が完成しました!

 

 

f:id:sumahobonzin:20151029110428j:plain

絡みつく濃厚つけだれです。

最初のラーメンスープに挑戦したときから見た目だけは美味しそうに出来てます。

ちなみにスープに浮いている黒い点のようなものは付属についていたのりも一緒にいれたので、それがミキサーでくだかれたものだと思います。

私の5日間にわたるラーメンスープ作り集大成となる「とりしおつけ麺」をさっそく味わってみると…

 

うん、悪くない!

濃厚なとりしおスープが麺にからみついてしっかりととりの風味が口の中に広がります。

焼き鳥の缶詰おそるべし!

ただ梅干は入れなくてもよかったかもしれません。

後味はさっぱりするのですが、全体的にまとまりがつかない仕上がりになってしまったので濃厚を全面に押し出したほうがよさそうです。

 

と、最初はよかったのですが、麺が半分も減らないうちに飽きてしまいましたw

味の変化を楽しむのにとりしおはアリだと思いますがそこまで美味しいわけでもないので、やっぱりプロのかたが作った備え付けのスープのまま食べるほうが無難でいいですねw

 

ということで長かった簡単スープ作りの道を一言でまとめるならば、ラーメンスープは買ってきたまま美味しく食べましょうw

料理に詳しいかたならもっと美味しくアレンジできるのでしょうが、私のような素人がアレンジをして、しかもミキサーで手抜きをするという考え方が甘かったです。

 

ただこれでなんとなくミキサーの使い方と用途がわかってきたので、次は王道の使い方でもあるスムージーやジュース作りにいつか挑戦してみたいと思います。

 

広告を非表示にする